米のとぎ汁で顔洗うってあり?洗顔方法は?

最近肌の調子はいかがでしょうか。

ばっちり!と言える方もそうでない方も、いつでも肌にとって喜ぶ美容は積極的に取り入れたいですよね。

米のとぎ汁で顔を洗うと、美容に良いと聞いたことはありますか?

今回は、

  • 米のとぎ汁がなぜ良いのか。
  • またどんな効果が期待できるのか。
  • 洗顔方法と米のとぎ汁の保存方法

をご紹介します。

米のとぎ汁で顔を洗うのっていいの?

米のとぎ汁って?

いつも何気なく捨てている米のとぎ汁。

お米には、ビタミンB1、ビタミンC、各種ミネラル、セラミド、フェルラ酸、オレイン酸などが含まれています。

美容はもちろん、料理や掃除にも幅広く活用できます。

 

米のとぎ汁で顔を洗うとどんな嬉しいことが?

お米にはビタミン、ミネラルなどが含まれていますが、特に「セラミド(米セラミド)」という成分は、肌に潤いを与える働きがあります。

年齢を重ねるごとに、肌本来が持つセラミドは減少し、肌が乾燥することで肌トラブルを引き起こしやすくなることも。

セラミドを補うことで肌に潤いを与えバリア機能が高まり、その結果肌の透明感アップにもつながります。

また、「ビタミンB1」は皮膚や粘膜の補修を高める働きがあります。

肌のターンオーバーを整え、土台から美肌作りに効果を発揮します。

昔、私がとあるテレビ番組を見た時に、日本酒作りに携わっている高齢者の手の甲が、しわやしみもなくキレイだったことが印象深いのですが、お米の成分を知ると納得ですね。

実践!「米のとぎ汁」洗顔方法

米のとぎ汁で洗顔する前に

米のとぎ汁で洗顔する前に、クレンジングでメイクを落とし、洗顔料で顔を洗っておきましょう。

「米のとぎ汁」での洗顔は、パシャパシャ顔を洗うというよりも、古い角質を取り除く(=ピーリング)パック近い感覚です。

 

米のとぎ汁の作り方

①ボウルなどで米を研ぐ

最初の1回目は、水で米をざっくり洗う

②水を切ったら、手のひらや指の腹を使って米どうしを擦り合わせ、2〜3分念入りにとぐ

③といだ米に水を加えてよく混ぜ、常温で2〜3時間おく

※3合で1カップ(180ml)が目安

 

米のとぎ汁の保存方法は?

毎日作るのは手間に感じますよね。

作り置きしておきたいところですが、米のとぎ汁は保存料が入っていない生ものと同じです。

できるだけ菌に触れないように、ビンなどに移して、冷蔵庫保存の場合は1日、遅くても2日以内に使い切りましょう。

常温の場合は、2〜3時間を目安に早めに使い切りましょう。

 

米のとぎ汁での洗顔方法

①とぎ汁が分離していることを目視で確認する

※混ぜないことがポイント

②上澄みがとろりとした感触が出ていればOK!

③上澄みをスプーンやおたまですくい、ボウルか洗面器に移す

④米のとぎ汁は、成分が濃く刺激を感じることも。ぬるま湯を約1.5倍(270ml)足して、よくかき混ぜる

⑤米のとぎ汁を両手ですくい、顔全体に馴染ませるように洗顔する

※肌に吸い付かせるように、優しく洗うのがポイント。顎から頬、目の周り、額の流れで下から上に押し上げる感覚で洗うことで、リフトアップ効果も!

⑥洗顔後、沈殿物(クリーム状)を顔に薄く伸ばし5分程おく

※もし上澄みと混ざってしまったら、ラップをして冷蔵庫なとで5時間〜7時間おき、分離させる

時間がない方は、夜は米のとぎ汁で洗顔後、いつものスキンケア。朝に分離した沈殿物でパックという流れでもOK

⑦優しく角質を取るような感覚で軽くこすり、最後はぬるま湯で洗い流す

⑧化粧水などでスキンケアして完成!

 

まとめ

いつも捨てていた「米のとぎ汁」は、美肌作りに活躍する美容成分が豊富に含まれています。

美容パックを市販で購入すると、なかなかいいお値段がしますが、米なら無料!

肌にもお財布にも優しい「米のとぎ汁」で、ぜひナチュラルな美肌を手に入れてください。