オイリー肌の洗顔は朝はどうする?朝のスキンケアも紹介!

オイリー肌の代表的な悩みは、

  • ニキビ
  • 毛穴詰まりによるポツポツいちご鼻
  • べたつき
  • テカリ

朝から肌がべたついている…毎朝洗顔料を使って洗う派もしくは、洗わない派どちらですか?

情報が散漫していて、一体どちらが正しいのかわからなくなりますよね。

また、洗顔後のスキンケアについて悩んだことはありませんか?

そこで今回は、オイリー肌さんにすすめる朝の洗顔方法とスキンケアについてご紹介します。

オイリー肌から卒業!美肌を保つには朝の洗顔が決め手!

オイリー肌の原因は?

オイリー肌とは、明確な定義はなく皮脂が過剰に分泌して肌にテカリがある状態のこと。

遺伝、年齢、ホルモンバランス、間違ったスキンケアが原因です。

オイリー肌が洗顔料で洗顔すべき2つの理由

①肌トラブルを軽減するため

寝ている間も皮脂は分泌されています。

つまり朝起きた時のベタつきは自然なこと。

寝る前にスキンケアをする時に油分の入ったクリームなどを塗っている場合、寝ている間に肌に必要な美容成分は浸透するものの、肌表面は分泌された皮脂や汗、寝る前に塗ったクリームなどの成分が酸化している可能性があります。

ぬるま湯では落としきれず、毛穴詰まりなどの肌トラブルを引き起こす原因となるので、洗顔料を使用しましょう。

②毛穴を目立たせないため

朝はすっぴんなので、過度な洗顔は不要です。

過度な洗顔で天然の保湿成分である皮脂を落としすぎると、肌は乾燥状態だと錯覚し、通常よりも皮脂分泌が活発化します。

つまり、肌の内側は乾燥しているのに、肌表面はテカテカな状態になります。

皮脂が過剰に生成されると、角栓がつまりやすくなります。

さらに汚れが詰まり酸化が進むと、ポツポツいちご鼻になってしまいます。

取るべき汚れは落とし、必要な皮脂は残すことが大切です。

その際、ぬるま湯では寝ている間に生成された皮脂は取り除ききれないことがあります。

だからこそ洗顔料を使用し、洗顔料の泡はきめ細やかな弾力のあるもので、肌をこすりすぎないようにぬるま湯で優しく洗いましょう。

ちなみにおすすめの洗顔料はこちらの記事で詳しく解説しています。

オイリー肌は保湿が命!朝のスキンケアでメイク崩れを阻止しましょう

オイリー肌はインナードライ肌の可能性も

トイレや休憩に行くたびに皮脂を取り除いているような?見た目はテカテカでベタつくのに、何となく肌の内側や部分的に乾燥していたり。

オイリー肌のスキンケアは曲者に感じますが、保水力が高いスキンケアで保湿を与えることが大切です。

テカテカしているから十分に潤っていると勘違いしてしまうのですが、肌の内側が乾燥していることが原因で、肌表面は肌を守るために過剰に皮脂が分泌されてしまい、ベタついてしまうんです。

これはインナードライ肌と言われています。

オイリー肌はこのようなインナードライ肌の可能性もあります。

 

オイリー肌が肌の水分バランスを整えるためには?

化粧水はケチらずたっぷり使いましょう。

その際、コットンでパッティングするよりも、手に500円玉程度の大きさの量をとり、2〜3回押し込むように馴染ませます。

時間がある場合は、コットンや厚手のクッキングペーバーに化粧水をヒタヒタになるほど馴染ませ、顔全体に被せます。

肌がしっかり潤い透明感もアップします。

 

どんなスキンケアアイテムを使ったら良い?

洗顔後はとろみのある化粧水よりも、シャバシャバした化粧水を肌に惜しみなくたっぷり吸い込ませた後、美容液や保湿クリームなどを塗布するのがおすすめです。

化粧水で肌に水分を与えることで、その後の美容液やクリームの美容成分が浸透しやすくなり、美容成分本来の力が発揮されます。

また肌の保水力がキープされ、メイク崩れがしにくくなります。

また、化粧水以外のアイテムを多く塗布しすぎるとメイクがヨレやすくなるので、調整しながら使用しましょう。

 

まとめ

たっぷりの泡で洗顔すると、スッキリした気分の良い1日がスタートできますよね。

皮脂や就寝前に塗布した不要な美容成分を落とすことで、化粧水の浸透がアップします。

皮脂は時間とともに酸化が進むすので、朝の洗顔は洗顔料の使用をおすすめします。

また、化粧水はたっぷり使用し肌の水分バランスを整え、1日快適な美肌を保ちましょう。